桐生を舞台にした映画のエキストラを募集中!


桐生市出身の漫画家、押見修造さんの作品「惡の華」の実写映画化が決定しました!マンガ、アニメ、舞台と大きく話題になった代表作が、満を持しての実写化。読んだ方なら当然お分かりだと思いますが、(ほぼ)オール桐生ロケでの撮影となります。そして、重要な桐生まつりのシーンを撮影するにあたって、ロケをサポートする”わたらせフイルムコミッション(WFC)”ではエキストラを大募集中です!詳細はWFCのホームページ(外部リンク)に掲載されていますので、興味のある方は是非ともチェックしてみてください。以下のリンクよりチラシ(Microsoft word文書)のダウンロードも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です